So-net無料ブログ作成
検索選択

将棋 羽生名人3連覇 三浦八段に4連勝 名人戦第4局(毎日新聞)

 福岡市中央区の九電城南クラブで18日から行われた第68期名人戦七番勝負の第4局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、九州電力協力)は19日午後9時53分、163手で羽生善治名人(39)が挑戦者の三浦弘行八段(36)を降し、4連勝で防衛した。残り時間は羽生3分、三浦1分。

【終了図をみる】将棋:羽生名人3連覇 三浦八段に4連勝 名人戦第4局

 羽生は94〜96年に次いで2度目の3連覇を達成し、名人獲得を通算7期に伸ばした。また、王座・棋聖と合わせて3冠の立場を守った。名人初挑戦の三浦の奪取はならなかった。名人戦のストレート決着は、羽生が当時の森内俊之名人に4連勝した03年以来、7年ぶり10回目。【山村英樹】

 ◇羽生名人の略歴

 埼玉所沢市出身。85年、プロ入り。96年、史上初の7冠全制覇を達成。タイトル獲得は名人7▽王将12▽竜王6▽王位12▽王座18▽棋王13▽棋聖8の計76期。永世名人、永世王将など六つの永世タイトル資格を持つ。通算成績は1097勝420敗(勝率7割2分3厘)。

【関連ニュース
<棋界のひと>羽生善治名人 将棋界の第一人者としての自覚と責任感
<棋界の話題>加藤一二三九段に野良猫餌付け中止を命じる判決
<現役高校生>17歳・里見が初の女流名人獲得 倉敷藤花と2冠に
<特集>記事、写真、動画でみる 将棋

結婚にまつわるイベントの、希望と実態(Business Media 誠)
「大学生読書人大賞」に森見登美彦さん「夜は短し歩けよ乙女」(産経新聞)
<準強姦>元障害者支援施設職員に懲役4年6月 千葉地裁(毎日新聞)
仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
移植法改正の認知3割止まり=関心は6割、周知に課題―プロジェクト委調査(時事通信)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。