So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

菅首相会見詳報(5)「奇兵隊内閣と名付けて」(産経新聞)

 −−鳩山政権は「政治主導」や「友愛政治」とよく言われたが、菅政権が目指す方向性、キーワードがあったら教えてもらいたい

「私自身は草の根から生まれた政治家でありますので、草の根の政治という表現がひとつ浮かぶわけですが、もう少し元気が良いところで言えば、そうですね、まあ私の趣味で言えば『奇兵隊内閣』とでも名付けたいと思います。私は今は坂本龍馬が非常に注目されていますが、長州生まれであります。高杉晋作という人は逃げるときも早い、攻めるときも早い。果断な行動をとって、まさに明治維新を成し遂げる大きな力を発揮した人であります。今、日本の状況はまさにこの停滞を打ち破るためには果断に行動することが必要だ。そして、奇兵隊というのはまさに武士階級以外からもいろいろな人が参加をして奇兵隊をつくったわけですから、まさに幅広い国民の中から出てきたわが党の国会議員、これが奇兵隊のような志を持って、まさに勇猛果敢に戦ってもらいたいという期待を込めて『奇兵隊内閣』とでも名付けてもらえればありがたいと思っています」

 −−鳩山由起夫前首相は退陣の理由で「政治とカネ」の問題、普天間問題をあげた。枝野幸男幹事長は小沢一郎前幹事長の政治倫理審査会への出席に関し、ご本人の判断に任せるといったが首相はどう考えるか。普天間問題では、8月末までに工法など詳細を決定するということだが、沖縄県では反対されている。どう判断していくつもりか

「鳩山前首相がですね、自らの辞任のあいさつの中で今、ご質問がありました政治とカネと普天間の問題をあげて、いわばその問題でこの民主党政権が本来やらなければならないことがなかなか国民に理解してもらえなくなったということで自ら身を引かれたわけです。そういう意味では、この後を受けた私の政権はある意味では前首相の思いをしっかりと受け止めて引き継いでいかなければならないと思っています。政治とカネの問題については前首相の発言もあって、小沢前幹事長も自ら幹事長を引いておられるわけです。ある意味でこれで十分と考えるかどうかということはいろいろな立場がありますが、政治という場でそうした首相でもある代表を辞任し、また最も党の中で重要な役職である幹事長を辞任するという一定のけじめであると思っています。それを含めて、どうしたことがさらに国会や他の場面で必要になるのか、そこは特に国会の問題では幹事長を中心にそうしたことについては他党の主張もあるわけですから、しっかりと他党の主張も聞きながら判断していきたいと思っています」

「普天間については、日米合意を踏まえるという原則はしっかりと守っていかなければならないと思っています。ただ、だからといって沖縄の皆さんが現在の時点で賛成をしていただいているというふうにはまだまだ思える状況にないことも分かっています。8月の専門家によるひとつの方向性を出すということはそれはひとつの日米間の日程上の約束になっているわけですけど、そのことと沖縄の皆さんの理解を求めるということはやはり並行的に進めていかなければならない。当然ではありますけども、日米間で決めればすべてですね、自動的に沖縄の皆さんが了解して頂けるということではもちろんないわけでありますから。そういう意味では沖縄の皆さんについて、沖縄の負担の軽減ということをしっかりと取り組んでいく、そのことを含めた話し合いをしていかなければならない。先の政権でいろいろな方がいろいろなアイデアや意見をもって鳩山前首相のところに来られたという経緯があったようでございますが、逆に言うと、いろいろな意見を聞くことは良いけれども、いろいろな人に担当してもらうことは混乱を招きかねませんのでまずは官房長官のところでどういう形でこの問題に取り組むべきなのか、もちろん外務省や防衛省、沖縄担当という大臣もおられますので、どういう形でこの問題に取り組むのが適切か、そう時間をかけるわけにはいきませんが、今日が正式のスタートでありますので、まずはどういうチームなり、どういう枠組みの中でこの問題の検討をするかの検討をしっかり行いたい」

 −−今回の人事について「小沢カラー」を払拭(ふっしょく)した人事だといわれているが、野党側は参院選に向けた「小沢隠し」であるといっている。小沢前幹事長との距離感をどのようにとっていくのか

「良く皆さん、報道を見ていると常に小沢さんになんといいましょうか、近いとか遠いとか、あるいは小沢カラーとかいわれますが、少なくとも今回の人事を考える上で最大の要素はどなたにどういう仕事を担当してもらうのがより効果的に物事が進むかということで判断をいたしました。ですから、よく見てもらえればわかるようにですね、それぞれ自らの考え方を持ち、行動力を持った人がそれぞれの所掌についてもらったと思っています。小沢前幹事長について私が申し上げたのは、例えば私も2004年、最後は社会保険庁の間違えということが分かりましたけども、いわゆる年金未納で代表を辞任したことがあります。やはり辞任した後はですね、しばらく本当におとなしくしていようと思いました。あるいは岡田(克也外相)さんは2005年の衆院選で小泉政権の郵政選挙で大敗されました。あの選挙も今考えれば小泉さん流のある意味、ひどいというと言い過ぎかもしれませんが、まさに小泉劇場に踊らされた選挙であったわけですが、しかし岡田さんは責任をとって辞任した後にまさに全国の落選した仲間を一人一人たずねるという形で少なくとも表の場でいえば静かにして、次につながった行動をとられた。私は特別なことを言ったつもりはありません。前首相が政治とカネの問題を含めて辞任し、また幹事長も首相から同じ問題でやはりともに引こうではないかということで了解されたということを首相が言われたわけですから、ある意味で責任を感じて辞められたということであるならば、しばらくの間は静かにされているのが、ご本人を含めてみんなのためにもいいのではないかとごく自然なことを言ったわけです。しばらくというのは何日ならいいとか、何年ならということではなく、ひとつの新しい段階がきた中では、それはそれとして判断があっていいのではないでしょうか」

【関連記事】
菅内閣、11閣僚が再任 国民新党と連立維持を最終確認
首相補佐官に側近の阿久津、寺田両氏
郵政改革法案成立で合意
仙谷官房長官が閣僚名簿を発表
「脱小沢」カラー鮮明に 「七奉行」全員を要職
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

「淫」「彙」どう教えたら…(産経新聞)
桂歌丸さん 肺疾患予防検討会の委員に(毎日新聞)
会期延長、民主で慎重論広がる=国民新「郵政先送りなら離脱も」(時事通信)
新体制「今以上に左翼的」=谷垣氏(時事通信)
振興銀110番、6日実施=SFCG債権、弁護士らが電話相談(時事通信)

市長命令で4度目の出席拒否…阿久根市特別委(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市議会の総合計画審査特別委員会が1日開かれたが、課長ら執行部は竹原信一市長の命令で出席を拒否した。特別委への執行部の出席拒否は4度目。

 特別委は午前10時に開会。鳥飼光明委員長が「執行部に出席を求めたが、出席していない」と述べ、約3分で散会した。市長は1日、東京都内に出張している。

 総合計画は地方自治法で策定が義務付けられており、今年度から10年間の市政の基本構想をまとめている。策定されない場合、新規事業で国や県の補助金が受けられなくなる恐れがある。

 市長は3月定例会に総合計画案を提案。その後、「マスコミが議場にいる」として市議会への出席を拒否し、同案を審議する特別委に執行部も出席させず、継続審査になった。しかし、5月19日の特別委では、一転して5部署の課長らが出席。市長は取材に対し、「(市議が)字を読めないようだから、(計画案を)読んであげるように指示した」と答えた。

首相、福島氏罷免「まだ一切考えていない」(産経新聞)
<海保>特殊部隊SST初公開、武装船制圧訓練を披露(毎日新聞)
巨人の野村Jrカツノリ2軍コーチが都内で接触事故 けが人なし(産経新聞)
山田宏日本創新党党首が参院選出馬へ(時事通信)
<民主党>公約半分は着手と自賛−−集計(毎日新聞)

将棋 羽生名人3連覇 三浦八段に4連勝 名人戦第4局(毎日新聞)

 福岡市中央区の九電城南クラブで18日から行われた第68期名人戦七番勝負の第4局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、九州電力協力)は19日午後9時53分、163手で羽生善治名人(39)が挑戦者の三浦弘行八段(36)を降し、4連勝で防衛した。残り時間は羽生3分、三浦1分。

【終了図をみる】将棋:羽生名人3連覇 三浦八段に4連勝 名人戦第4局

 羽生は94〜96年に次いで2度目の3連覇を達成し、名人獲得を通算7期に伸ばした。また、王座・棋聖と合わせて3冠の立場を守った。名人初挑戦の三浦の奪取はならなかった。名人戦のストレート決着は、羽生が当時の森内俊之名人に4連勝した03年以来、7年ぶり10回目。【山村英樹】

 ◇羽生名人の略歴

 埼玉県所沢市出身。85年、プロ入り。96年、史上初の7冠全制覇を達成。タイトル獲得は名人7▽王将12▽竜王6▽王位12▽王座18▽棋王13▽棋聖8の計76期。永世名人、永世王将など六つの永世タイトル資格を持つ。通算成績は1097勝420敗(勝率7割2分3厘)。

【関連ニュース】
<棋界のひと>羽生善治名人 将棋界の第一人者としての自覚と責任感
<棋界の話題>加藤一二三九段に野良猫餌付け中止を命じる判決
<現役高校生>17歳・里見が初の女流名人獲得 倉敷藤花と2冠に
<特集>記事、写真、動画でみる 将棋

結婚にまつわるイベントの、希望と実態(Business Media 誠)
「大学生読書人大賞」に森見登美彦さん「夜は短し歩けよ乙女」(産経新聞)
<準強姦>元障害者支援施設職員に懲役4年6月 千葉地裁(毎日新聞)
仕分け第2弾、競輪の補助事業など「不透明だ」(読売新聞)
移植法改正の認知3割止まり=関心は6割、周知に課題―プロジェクト委調査(時事通信)

<桜島>爆発500回目 7カ月早く(毎日新聞)

 桜島(鹿児島市)の昭和火口で、11日午前2時2分、今年500回目の爆発的噴火(爆発)を観測した。噴石が6合目付近まで飛散した。年間最多爆発回数を更新した09年(548回)は、12月25日に500回目を観測しており、約7カ月も早いペースで噴火が続いている。

 桜島は、09年7月19日から噴火警戒レベル「3(入山規制)」が継続中。鹿児島地方気象台は「現時点ではレベル3の範囲内の活動にとどまっており、レベル4(避難準備)の発令は考えていない」としている。

 一方、京大防災研究所火山活動研究センターは今年1〜3月に顕著な地盤変動を確認。地下のマグマ量が増大しているとみられ、爆発回数の増加や溶岩流出の可能性を指摘し、警戒を呼び掛けている。【川島紘一】

【関連ニュース】
強風:100畳大凧が横転、露店直撃 1人軽傷 愛媛
こいのぼり:全長100メートル 埼玉・加須
3カ月予報:5〜7月 太平洋高気圧弱く北日本は気温低め
神奈川県箱根町:満開のソメイヨシノが雪化粧
桜:造幣局の「通り抜け」始まる 見物客1500人 大阪

谷亮子さん 参院選に民主党から出馬…10日夕、表明へ(毎日新聞)
<普天間移設>首相、15日の訪沖先送り(毎日新聞)
<国際バラ展>個性豊かな庭も 西武ドームで12日開幕(毎日新聞)
諫早干拓地堤防開門 地元対策怠り迷走 結論ありき、普天間酷似(産経新聞)
出先機関仕分け 7省10系統対象(産経新聞)

<NPT会議>開幕控え平和の灯ともす NYの繁華街で(毎日新聞)

 【ニューヨーク加藤小夜】核拡散防止条約(NPT)再検討会議の開幕を3日に控え、ニューヨークの繁華街にある広場で1日夜(日本時間2日午前)、キャンドルや灯籠(とうろう)をともして平和を祈るイベントがあった。会議に合わせて渡米した被爆者ら約200人が参加し、行き交う市民らに核兵器廃絶を訴えた。

 広島とニューヨークの市民団体が、会議の機運を盛り上げようと企画。被爆者が通訳を介して証言を始めると、足を止めて聴き入る市民もいた。

 友人と通りかかった薬学研究者、ザリエル・ターズリさん(25)は「原爆投下はよくなかった気はするが、なければ戦争が長引き多くの犠牲者が出ていたようにも思う。難しい問題だ。ただ核兵器はなくしていくべきだ」と話した。

【関連ニュース】
NPT会議:被団協メンバーら米到着…命の大切さ伝える
核拡散防止条約:長崎被爆者が出発 米で再検討会議に参加
広島市長:2020年までの核廃絶、米で協力呼び掛け
被爆マリア像:バチカンに到着 長崎大司教らが法王と会見
被爆マリア像:欧米で巡回展…長崎を出発

クラブで口論の男性をハサミで刺す 殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕(産経新聞)
築地マグロ競り見学、先着1日140人限定に(読売新聞)
がんばれ!義肢ウミガメの悠ちゃん 神戸・須磨水族館(産経新聞)
水上バイクで2人死亡=1人不明、利根川で−茨城(時事通信)
強殺容疑で4人を再逮捕=一家3人殺害−長野県警(時事通信)

<出水市長選>渋谷氏が再選 鹿児島(毎日新聞)

 出水市長(鹿児島県)渋谷俊彦氏(68)が再選。前市議の北御門伸彦氏(54)を破る。投票率は73.94%。

 確定得票数は次の通り。

当22001 渋谷 俊彦=無現<2>

 10634 北御門伸彦=無新

子ども手当、2万円に減額も=民主・玄葉氏(時事通信)
極彩色、創建時の鳳凰堂内部をCGで再現(読売新聞)
男性型脱毛症の診療指針 患者にも参考の評価5段階(産経新聞)
「新しい時代の桜咲かせたい」=鳩山首相(時事通信)
桜を見る会 足元に残雪…鳩山首相主催、新宿御苑(毎日新聞)

市長派市議、阿久根市長不信任決議案を提案(読売新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長を支持する市長派の市議4人が19日、市議会(定数16)に市長不信任決議案を提案した。

 議会での勢力を伸ばしたい市長派が仕掛けた動きだが、多数を占める反市長派(12人)が反対し、否決する変則的な事態となる見通しだ。

 市長は、議会解散で市長派を増やしたいとの意向を示している。不信任案が可決されれば、市長が議会を解散できるため、反市長派に「不信任案を出せ」と挑発していたが、応じないため、市長派が提案した。

 本会議は午前10時に開会。市長や執行部はこの日も議場に姿を見せなかったが、浜之上大成議長が開会を宣言。提案者の松元薫久市議は「(反市長派は)市民に市長リコール運動をあおり、市政混乱の責任を市長に押しつけようとしている。混乱を収めるため、主権者である市民の洗礼を受けるべきだ」と議会解散を求める考えを示した。

 不信任案の可決には、議員の3分の2以上が出席し、4分の3の賛成が必要。阿久根市議会では全員が採決に参加した場合、12人の賛成が必要で、不信任案の可決は極めて難しい。市長派は19日、市議会の自主解散決議案も提案する予定だが、これも反市長派の反対多数で否決される見込み。

<空自談合>国交省が指名停止処分(毎日新聞)
水俣病救済を決定 政府 未認定3.5万人超対象(産経新聞)
駅ビル2人殺傷に懲役30年…控訴審判決(読売新聞)
パトカーと軽衝突、女性骨折=群馬(時事通信)
船橋で潮干狩り始まる 家族連れでにぎわい(産経新聞)

菅家さんが選挙権回復=「市民として社会参加」−栃木(時事通信)

 足利事件で再審無罪判決が確定した菅家利和さん(63)は14日、失っていた選挙権を回復した。栃木県足利市選挙管理委員会が同日、選挙人名簿に菅家さんの名前を登録した。
 再審前の菅家さんは2000年7月に最高裁で無期懲役が確定し、選挙権を失っていた。さらに、昨年6月に刑の執行停止で釈放された後、住民票を同市から移し、選挙人名簿から抹消されていた。
 菅家さんは同年11月、足利市に再び転入。検察から先月末に再審無罪の通知が同市に届いたため、公選法により、市選管が14日の委員会で菅家さんを選挙人名簿に補正登録した。
 菅家さんは「昔は毎回必ず選挙に行っていたので、今回選挙権が復活し非常にうれしい。今後は足利市民として選挙に行くことで社会に参加したい」とコメントした。 

<1歳変死>母親の内縁の夫を傷害容疑で逮捕 大阪・堺(毎日新聞)
大阪市議の弁護士が「橋下新党」に参加へ(産経新聞)
村本さんの遺体、今夕帰国=ロイター関係者とタイ出発(時事通信)
野生復帰で初誕生のコウノトリ、不明3か月(読売新聞)
ヒロミさんが接触事故 東京・港区(産経新聞)

新党「平沼党首」で始動 経済成長・財政再建「両輪」(産経新聞)

 平沼赳夫元経済産業相、与謝野馨元財務相らは5日夕、新党結成に向けた会合を都内の料理店で開き、党首には平沼氏が就くことを決めた。政策面では、経済成長と財政再建を「車の両輪」と位置づけ、将来的な消費税率引き上げも視野に入れることを確認した。一方、鳩山邦夫元総務相の結成時の参加は平沼氏側の意向で見送られ、新党の結成時期は8日から10日に先送りされる方向になった。

 会合には、平沼、与謝野両氏と、園田博之前自民党幹事長代理、藤井孝男元運輸相が参加。石原慎太郎東京都知事も同席した。

 終了後に記者団の取材に応じた平沼氏によると、夏の参院選について、改選数5の東京のほか、2以上の選挙区にも擁立を検討していくことを確認した。党名は再度調整するが、同氏は「『日本』の呼称を使うのなら漢字の方がいいかもしれないが、今の時代に合うのならひらがながいいんじゃないか」と述べた。

 結成時のメンバーについては「『おじさん集団』でとりあえずはやる」と答えた。鳩山氏と、新党参加が有力視されていた鴻池祥肇・元防災担当相については「結成時のメンバーにならない」と明言。中川義雄参院議員については「(参加の)話をしているのは当然のことだ」と述べるにとどめた。

 また、昨年の衆院選で落選した中山成彬元国土交通相が新党参加と、夏の参院選比例代表への立候補の意向を表明した。

 会合に先立ち、園田氏は自民党本部で谷垣禎一総裁に離党届を提出した。

【関連記事】
「平沼新党」は邦夫氏外す 与謝野氏が譲歩
平沼・与謝野氏の新党名、4候補に絞り込む
平沼・与謝野新党に各党は冷ややかな反応
石原知事が同席 新党協議始まる 
平沼・与謝野新党は最悪のコンビ 共産・市田氏
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<多摩市長選>無所属新人の阿部氏が初当選 東京(毎日新聞)
喫煙率、男性は減少傾向、女性は30、40歳代で増加傾向(医療介護CBニュース)
立大生死亡事件 発生から14年 父親らがビラ配る 池袋(毎日新聞)
飲酒運転のクルマ、ショベルカーが逃走を阻止
<金沢切断遺体>韓国・済州島出身の女性と判明(毎日新聞)

平沼氏ら、10日新党旗揚げへ=鳩山邦氏は参加見送り(時事通信)

 自民党に離党届を出した与謝野馨元財務相、無所属の平沼赳夫元経済産業相らは6日、新党結成に向けた調整を進めた結果、10日の新党旗揚げを目指す方針を確認した。当初は8日の発足を目指していたが、新党の政策や理念などで、なお調整が必要と判断した。
 これを受け、結党メンバーの園田博之前自民党幹事長代理と藤井孝男元運輸相は6日夕、参院議員会館の藤井氏の事務所で郵政民営化など政策面で協議した。この後、藤井氏は記者団に「新党となれば独自の郵政見直しを訴えていかなければならない」と指摘した。
 一方、無所属の鳩山邦夫元総務相は同日、新党について「立派な方が集まっているが、国民を鼓舞するような要素はない。(参加は)今のところはない」と述べ、現時点では新党参加を見送る考えを表明した。国会内で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

23歳下の男性にストーカー容疑、63歳女逮捕(読売新聞)
<埼玉保険金殺人>八木死刑囚の再審請求棄却 さいたま地裁(毎日新聞)
<訃報>須川清さん39歳=大相撲元前頭・出羽嵐(毎日新聞)
「教団思想と合致」=長官銃撃で上祐前代表(時事通信)
校長ら2人略式起訴 東京・杉並区立小の天窓転落死(産経新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。